MENU

診療内容

斜視・弱視の検査について

検査のご予約について

斜視・弱視の検査は予約制となっております。
初めてご来院くださる方も、お電話(059-380-5006)にて、予約をいただいた上でご来院くださいますようお願いいたします。
野町どい眼科案内表(印刷用)

患者様の症状、当日のご予約状況及びご来院患者様数などによって、待ち時間が長くかかる場合もございます。
スタッフ一同、極力ご予約時間通りに検査を始められるよう努めますので、何卒ご了承ください。
また、患者様の症などによって検査、診察に時間がかかる場合もございますので、お時間に余裕を持ってお越しいただけると大変助かります。ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくスタッフまでお声掛けください。お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

患者様にお願い

  • 誠に恐れ入りますが、ご来院いただいた際にご予約の患者様の検査を行っている場合は長い時間お待ちいただいたり、その日に既に全ての時間帯にご予約が入っている場合は、詳しい検査を受けていただくことができず、通常の検査、診察を行わせていただき、ご予約をいただいて後日改めて詳しい検査を行わせていただくこととなります。
    誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承ください。

  • 土曜日

    特に土曜日午前はご来院患者様が多いため、待ち時間が長くなることがあります。
    お時間に余裕を持ってお越しいただけますよう、お願い申し上げます。
    また、土曜日は午前・午後共ご予約が混み合うため、お早目のご予約をおすすめいたします。

斜視・弱視について

ABOUT SQUINT & LOW VISION

  • 通常、物を見るとき、左右の目は同じ方向を向いています。「斜視」とは、物を見るとき、片方の目の視線がずれてしまう状態です。
    斜視の原因や種類についてわかりやすくまとめています。
    >>詳しくはこちら

  • 「弱視」とは、物を見る機能が十分に発達していない状態を指します。弱視の場合には、眼鏡やコンタクトレンズを使っても、はっきりと見えない状態となります。注意したい症状などわかりやすくまとめています。
    >>詳しくはこちら

斜視・弱視検査の受診を希望される方へ

  • 目の位置がおかしいように思われる(片目がまっすぐ見ているときに、反対側の目が鼻側・耳側・上側・下側に寄っているように見えるなど)
  • いつも、またはときどき、本を読むなど近くを見るとき・遠くを見るとき・疲れてボーっとしているとき・寝起き、あるいは○日おきに目の位置がおかしいように思われる
  • 頭を傾けて物を見るくせがある
  • 「物が二重に見えて」困まる
  • 物が二重に見えて困っていらっしゃる方の場合、頭をまっすぐにすると物が二重に見え、頭を傾けて見ると物が1つに見えるということがある
  • 目が疲れやすい
  • 視力が悪いようである(幼児の場合、しょっちゅう転んだり、細かい物を見る作業を嫌がったり、眼を細めて見えにくそうにしていたり、テレビなどにぴったりくっついて見ていたりということがあります。)
    ※視力の発達が抑えられ、止まってしまった状態を「弱視」といいます。近視でめがねをかけると見えるようになる場合は弱視とはいいません。弱視は保護者の方が注意していても分からないことがままあります。特に片方の目だけが弱視の場合、よい方の目で普通に見ているため、気がつかないことが多いようです。
    3歳児健診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。
  • 遠視、強い近視や乱視がある
  • 眼振(目が揺れる)がある

などがありましたら、斜視弱視の検査をご予約の上ご相談ください。

©2019 野町どい眼科