野町どい眼科

small middle large

院長・スタッフ紹介

院長ご挨拶

HOME > 院長・スタッフ紹介 > 院長ご挨拶
  • 院長から皆様へ

    院長 土井 素明

    「野町どい眼科」院長の土井 素明でございます。

    私は昭和61年から、三重大学医学部附属病院眼科でお子様からご年配の方まで、数多くの病気の診断や治療に携わり、多くの手術も行ってきました。

    その経験を生かし、これからは地域の皆様に信頼され、お役に立てるような質の高い医療を提供していきたいと考えております。

    また、病状を十分ご理解していただいた上で治療を受けていただきたいと考え、当院では検査結果をテレビモニターで患者様と一緒に確認しながら丁寧に説明させていただくために、電子カルテと検査データファイリングシステムを導入しております。

    皆様に安心して来院していただき、どんな症状でも気軽にご相談していただけるような眼科医院を目指し、スタッフともども誠心誠意がんばりますので、よろしくお願いいたします。

    院長・日本眼科学会認定眼科専門医 土井素明

院長プロフィール

  • 学歴

    昭和55年3月:三重県立伊勢高等学校卒業
    昭和55年4月:三重大学医学部入学
    昭和61年3月:三重大学医学部卒業
    昭和61年4月:三重大学医学部大学院外科学(眼科)入学
    平成 3年3月:三重大学医学部大学院外科学(眼科)修了、医学博士

    【学位論文】
     チャイニーズハムスター網膜における神経節細胞の形態学的分類
     日本眼科学会雑誌, 95: 959-966, 1991.

     平成4年7月~6年6月:ハーバード大学医学部眼科(アメリカ合衆国)に留学
     平成8年度日本眼科学会学術奨励賞受賞

    【受賞論文】
     Morphological classification of retinal ganglion cells in mice.
     The Journal of Comparative Neurology, 356: 368-386, 1995.

    【所属学会】

     日本眼科学会
     日本眼炎症学会
     日本弱視斜視学会
     日本網膜硝子体学会
     

     日本眼科医会
     日本小児眼科学会
     日本緑内障学会
     日本眼科手術学会

  • 職 歴

    昭和61年 5月: 医師免許証取得
    昭和61年 6月: 三重大学医学部眼科入局
    平成 2年 6月: 三重大学医学部附属病院眼科助手
    平成 3年 7月: 財団法人日本眼科学会認定眼科専門医
    平成 7年 4月: 三重大学医学部附属病院眼科院内講師
    平成 7年10月: 三重大学医学部附属病院眼科専任講師(平成18年開業まで)
              三重大学医学部附属病院眼科にて病棟医長、外来医長歴任

    三重大学医学部眼科専門外来として、眼炎症・ぶどう膜疾患主任、角結膜疾患主任、
    神経眼科主任、網膜剥離主任、眼腫瘍担当、小児眼科担当、糖尿病網膜症担当、
    コンタクトレンズ担当など歴任

    平成18年8月:野町どい眼科 開院
    三重大学医学部眼科非常勤講師

    その他
    三重大学医学部在職時、三重県身体障害者更生相談所嘱託医
    日本体育・学校健康センター三重県支部業務運営委員会委員
    三重県感染症発生動向調査企画委員会委員
    三重大学教育学部講師(併任)など歴任

国内学会【一般講演】

1. 非外傷性虹彩嚢腫の2例、第351回東海眼科学会、1987年。

2. Bullous retinal detachment の1例、第一回三重大学眼科医局研究発表会、1987年。

3. 非外傷性虹彩嚢腫の2例、第53回日本中部眼科学会、1987年。

4. 内因性真菌性眼内炎の3例、第353回東海眼科学会、1988年。

5. 難治性Behcet's disease おける Cyclosporin 使用経験の2例について、三重県眼科集談会、1988年。

6. マウスの神経節細胞について、第2回三重大学眼科医局研究発表会、1988年。

7. Monosodium-L-glutamate 静脈内投与の家兎ERGにおよぼす影響、日本臨床視覚電気生理学会、1989年。

8. マウス神経節細胞の形態、第三回三重大学眼科医局研究発表会、1989年。

9. マウス網膜多極神経細胞(視神経細胞)の形態学分類、第95回日本解剖学会総会.1990年。

10. マウス網膜におけるdisplaced ganglion cell の形態学的分類、第94回日本眼科学会総会、1990年。

11. 先天色覚異常者の就業状況に関する調査、第12回色覚研究会夏期セミナー、1990年。

12. マウス網膜における視神経細胞の形態学的分類について、第363回東海眼科学会、1990年。

13. 巨大裂孔網膜剥離に対する強膜側からのアプローチ、第44回日本臨床眼科学会、1990年。

14. 先天色覚異常者の就業状況、第56回日本中部眼科学会、1990年。

15. 小児にみられた両眼性強膜炎の1例、第364回東海眼科学会、1990年。

16. マウス網膜の神経節細胞(まとめ)、第四回三重大学眼科医局研究発表会、1990年。

17. チャイニーズハムスター網膜における神経節細胞、第95回日本眼科学会総会、1991年。

18. 黄斑部変性を伴った眼底白点症の長期経過、第45回日本臨床眼科学会、1991年。

19. 三重大学眼科における眼窩および結膜原発のリンパ系腫瘍、第368回東海眼科学会、1991年。

20. 髄液検査により診断が確定したPapilla edema の2例、第5回三重大学眼科医局研究発表会、1991年。

21. 摘出灌流眼球におけるカルテオロールのERGb波増強効果、第96回日本眼科学会総会、1992年。

22. 摘出灌流眼球における低温下灌流停止の影響について、第96回日本眼科学会総会、1992年。

23. 三重大学眼科における眼球突出の統計的観察、第58回日本中部眼科学会、1992年。

24. 硝子体代用物としてのシリコン・フルオロシリコンコーポリマーオイルの家兎網膜に対する組織学的影響,第60回日本中部眼科学会、1994年。

25. 硝子体代用物としてのシリコン・フルオロシリコンコーポリマーオイルの臨床使用、第48回日本臨床学会、1994年。

26. 多発性骨髄腫に滲出性網膜剥離を伴った一例、第379回東海眼科学会、1994年。

27. 滲出性網膜剥離を伴った朝顔症候群の一例、第381回東海眼科学会、1994年。

28. 硝子体代用物について:第8回三重大学眼科医局研究発表会、1994年。

29. 多発性骨髄腫に滲出性網膜剥離を伴った一例、第99回日本眼科学会。1995年。

30. 滲出性網膜剥離を伴った朝顔症候群の一例、第101回京都眼科学会、1995年。

31. 滲出性網膜剥離を合併した朝顔症候群の一例、第10回三重県眼科セミナー、1995年。

32. 強膜半層切除術、強膜開窓術併用が奏功した Uveal effusion の1例、第383回東海眼科学会、1995年。

33. シリコン・フルオロシリコンコーポリマーオイルの家兎眼網膜に対する長期経過、第2回創傷治癒研究会、1995年。

34. MCTミルクにて治療した未熟児網膜脂血症の1例、第384回東海眼科学会、1995年。

35. 平成7年の三重大学眼科病棟について、第9回三重大学眼科医局研究発表会、1995年。

36. 桐沢型葡萄膜炎(軽症型)の3例、第385回東海眼科学会、1996年。

37. 未熟児にみられた網膜脂血症の一例、第102回京都眼科学会、1996年。

38. 当科における眼内鉄片、第62回中部眼科学会, 1996年。

39. 潰瘍性大腸炎に伴う網膜中心静脈閉塞症の一例、第10回三重大学眼科医局研究発表会、1996年。

40. 潰瘍性大腸炎に伴った乳頭血管炎の一例、第103回京都眼科学会、1997年。

41. ゾビラックスが奏功したと思われる葡萄膜炎の2例、第12回三重県眼科セミナー、1997年。

42. 特発性血小板減少性紫斑病の治療中にみられたHIV抗体陰性患者の進行性網膜外層壊死、第51回日本臨床眼科学会、1997年。

43. 潰瘍性大腸炎に伴った乳糖血管炎の一例、第51回日本臨床眼科学会、1997年。

44. 進行性網膜外層壊死の一例、第11回三重大学眼科医局研究発表会、1997年。

45. フルオロシリコンオイルの網膜に対する影響、第1回眼科生体材料研究会、1998年。

46. 強膜開窓術が有効であった網膜色素上皮裂孔による網膜剥離の一例、第13回三重県眼科セミナー、1998年。

47. 原田病における妊婦でのステロイド大量投与について、第12回三重大学眼科医局研究発表会、1998年。

48. 周辺部浸出性網膜剥離を合併した朝顔症候群の一例、第1回眼科インターネット学会、1998年。

49. 網膜脂血症の未熟児例、第一回眼科インターネット学会、1998年。

50. 外傷性網膜色素上皮裂孔が原因と考えられた滲出性網膜剥離の一例、第103回日本眼科学会、1999年。

51. 寛解期に認められた急性リンパ性白血病視神経浸潤の一例、中部眼科学会、第65回中部眼科学会、1999年。

52. 溶連菌感染後ぶどう膜炎を発症した3歳男児の一例、第65回中部眼科学会、1999年。

53. マイラゲルを使用した輪状締結術施行後11年目に眼球運動障害を来した一例、第396回東海眼科学会、1999年。

54. 糖尿病自然発症ラット網膜のグルタミン酸の局在酸分布、第65回中部眼科学会関連研究会(第6回創傷治癒研究会)、1999年。

55. 急性リンパ性白血病視神経浸潤の一例、第14回三重県眼科セミナー、津、1999年。

56. 溶連菌感染後葡萄膜炎を発症した3才男児の一例、第14回三重県眼科セミナー、1999年。

57. コルチコステロイドの大量投与で治療した原田病の妊婦例、第397回東海眼科学会、2000年。

58. コルチコステロイドの大量投与で治療した原田病の妊婦例、第2回インターネット学会、2000年。

59. 糖尿病自然発症ラット網膜のアミノ酸分布、104回日本眼科学会、2000年。

60. 強膜軟化症に対する大腿筋膜移植術、第15回三重県眼科セミナー、2000年。

61. 開放創のない眼外傷後に発症した交感性眼炎の一例、第15回三重県眼科セミナー、2000年。

62. ラット慢性緑内障モデルにおける逆行性軸索流についての検討、第7回創傷治癒研究会、2000年。

63. 家兎眼網膜における硝子体手術後SF6ガスおよびC3F8ガスタンポナーデによる影響、第3回眼生体材料研究会、2000年。

64. 強膜軟化症の穿孔予防を目的に行った大腿筋膜移植術、第24回手術学会総会、2001年。

65. ネコひっかき病の関与が疑われた視神経網膜炎の一例、第400回東海眼科学会、2001年.

66. 正常および糖尿病ラットにおけるアルギニンとシトルリンの局在、第105回日本眼科学会、2001年。

67. 硝子体手術後のSF6ガスまたはC3F8ガスタンポナーデが家兎眼網膜にあたえる影響、第105回日本眼科学会総会、2001年。

68. ラット緑内障モデルにおける逆行性軸索流、第105回日本眼科学会、2001年。

69. ストレプトゾシン誘発糖尿病ラット網膜における一酸化窒素の神経保護作用について、第8回眼創傷治癒研究会、2001年.

70. Occult macular dystrophyの一例、第49回日本臨床視覚電気生理学会、2001年。

71. Occult macular dystrophyの一例、第25回日本眼科手術学会総会、第3回黄斑機能研究会、2002年。

72. 中心窩無血管域の拡大がみられた傍中心窩毛細血管拡張症の一例、第19回眼微小循環研究会、第13回日本ICG螢光造影研究会、2002年.

73. 中心窩無血管域の拡大がみられた傍中心窩毛細血管拡張症の一例、第405回東海眼科学会、2002年.

74. ラット緑内障モデル網膜のアミノ酸分布、第107回日本眼科学会、2003年。

75. 無血管域が広範囲にみられた傍中心窩毛細血管拡張症の1例、第20回眼微小循環研究会 第14回日本ICG蛍光造影研究会合同研究会、2003年

76. 視神経症を合併した眼窩筋炎の3例、第408回東海眼科学会

- 診療時間のご案内 -

診療時間