野町どい眼科

small middle large

診療について

診療内容

HOME > 診療について > 診療内容

当院では、下記の場合を除いて診察の予約制は行っておりません

  • 検査室

    予約制で対応しているもの

    ・レーザー治療(※1)
    ・斜視弱視の検査(※1)
    ・ゴールドマン視野検査(※2)
    ・眼鏡処方(※2)
    ・当院で初めてのコンタクトレンズ処方(※2)
    ※1: 原則予約制ですが、医師、視能訓練士が対応可能な場合は予約が無くても対応させていただきます。
    ※2: 原則予約なしで対応させていただきますが、予約の方を優先させていただきます。

眼鏡・初めてのコンタクトレンズ処方の予約が可能になりました

平成26年9月1日から
予約時間表
◇予約時間通りに検査ができるよう全スタッフが努力いたしますが、患者様の症状や混雑状況により、
 予約時間よりお待ちいただく場合があります。誠に申し訳ありませんがどうぞご了承ください。

◇ご来院時、または、TELにてご予約を承ります。今まで通り、予約外の処方も承っております。
 受付にてお申し付けください。

処置・検査・処方時間の目安

処置・検査・処方 時間の目安
短時間で終わる処置 症状によりますが、処置のみでおおむね5~10分程度
ハンフリー視野検査 検査の説明も含めて、おおむね片眼10分、両眼20分程度
ゴールドマン視野検査 検査の説明も含めて、おおむね片眼20分、両眼40分程度
初めてのコンタクトレンズ処方 コンタクトレンズ装脱着の練習、ケア方法の説明等を含めて、1時間30分~2時間程度
眼鏡処方 試し掛け等を含めて、1時間30分~2時間程度
また、上記処置・検査・処方について、比較的待ち時間は少ないのですが、混雑状況等によっては少し長くお待ちいただいたり、検査、処置、処方に時間がかかる場合は、患者様とご相談の上、しばらくお待ちいただくか、それが難しい場合や後日の方が正確に行うことができると考えられる場合は、後日の検査、処置、処方をお願いする場合があります。誠に恐れ入りますが、どうぞご了承ください。

診療内容のご案内

  • 視力検査

    一般眼科診療の主な診察内容

    視力低下・ものもらい・結膜炎・花粉症・目やに・充血・異物感・かゆみ・眼痛・視野の異常・ドライアイ・なみだ目など

    詳しくはこちら

  • こども

    小児眼科(斜視、弱視、近視、子どもの視力相談など)

    こどもの裸眼視力低下の原因について検査した後、仮性近視が原因の可能性がある場合は訓練機(ワック)や点眼での治療、軸性近視が考えられ裸眼視力がおおむね0.7未満の場合は眼鏡を、中学生以上で希望される場合や不同視、不正乱視、円錐角膜、強度近視等の場合にはコンタクトレンズをおすすめしております。また、斜視弱視の検査にて斜視、弱視の検査、訓練を行っております。

    詳しくはこちら

  • 緑内障検査

    緑内障検査

    緑内障は日本では糖尿病網膜症とともに失明の主な原因になっている怖い病気であるのをご存じでしょうか。
    患者数は400万人と言われていますが、実際に治療をしているのは30万人しかいないのが現状です。

    詳しくはこちら

  • レーザー室

    糖尿病網膜症検診およびレーザー治療

    糖尿病は、近年患者が増え続けており、国内では690万人、予備軍を含むと約1370万人と言われています。
    毎年3000人以上の人が、糖尿病網膜症で視力を失い、成人の失明原因のトップとなっているのをご存じでしょうか。

    詳しくはこちら

  • 眼底検査

    眼底検査

    急に黒い物がとぶ(飛蚊症)、きらきらした物がとぶ(光視症)、物がゆがんで見える、急な視力低下や視野狭窄などは原則として散瞳検査が必要です。

    詳しくはこちら

  • 検査室

    眼炎症・ぶどう膜疾患などの全身疾患と関係する眼疾

    ぶどう膜炎などの眼炎症は全身疾患と深く関係し、全身疾患が見つかることもあります。

    詳しくはこちら

  • 女性

    神経眼科・目の疲れ・眼瞼けいれん

    視力低下や視野異常が急に起こった場合、物が二つにみえる場合、眼球が突出してきた場合などは、視神経や外眼筋や頭蓋内や副鼻腔などに原因がある場合があります。

    詳しくはこちら

  • 処置室

    眼科小手術(日帰り手術)

    角膜異物摘出、結膜異物摘出、霰粒腫摘出術、麦粒腫切開、シェーグレン症候群などに伴う重症のドライアイに対する涙点プラグ挿入、眼瞼や結膜の良性腫瘍摘出、先天性鼻涙管閉塞症に対するブジーなどを行います。

    詳しくはこちら

  • 漢方

    眼科漢方相談

    いろいろな不定愁訴、たとえば眼が疲れる、眼の奥が痛い、何となく最近見えにくくなったなどと訴え来られる患者様には、西洋薬の処方では不定愁訴の除去が難しいこともあり、必要に応じて漢方薬の処方を行います。

    詳しくはこちら

- 診療時間のご案内 -

診療時間