野町どい眼科

small middle large

診療について

診療内容

HOME > 診療について > 診療内容

当院では、下記の場合を除いて診察の予約制は行っておりません

  • 検査室

    予約制で対応しているもの

    ・レーザー治療(※1)
    ・斜視弱視の検査(※1)
    ・ゴールドマン視野検査(※2)
    ・眼鏡処方(※2)
    ・当院で初めてのコンタクトレンズ処方(※2)
    ※1: 原則予約制ですが、医師、視能訓練士が対応可能な場合は予約が無くても対応させていただきます。
    ※2: 原則予約なしで対応させていただきますが、予約の方を優先させていただきます。

眼鏡・初めてのコンタクトレンズ処方の予約が可能になりました

平成26年9月1日から
予約時間表
◇予約時間通りに検査ができるよう全スタッフが努力いたしますが、患者様の症状や混雑状況により、
 予約時間よりお待ちいただく場合があります。誠に申し訳ありませんがどうぞご了承ください。

◇ご来院時、または、TELにてご予約を承ります。今まで通り、予約外の処方も承っております。
 受付にてお申し付けください。

処置・検査・処方時間の目安

処置・検査・処方 時間の目安
短時間で終わる処置 症状によりますが、処置のみでおおむね5~10分程度
ハンフリー視野検査 検査の説明も含めて、おおむね片眼10分、両眼20分程度
ゴールドマン視野検査 検査の説明も含めて、おおむね片眼20分、両眼40分程度
初めてのコンタクトレンズ処方 コンタクトレンズ装脱着の練習、ケア方法の説明等を含めて、1時間30分~2時間程度
眼鏡処方 試し掛け等を含めて、1時間30分~2時間程度
また、上記処置・検査・処方について、比較的待ち時間は少ないのですが、混雑状況等によっては少し長くお待ちいただいたり、検査、処置、処方に時間がかかる場合は、患者様とご相談の上、しばらくお待ちいただくか、それが難しい場合や後日の方が正確に行うことができると考えられる場合は、後日の検査、処置、処方をお願いする場合があります。誠に恐れ入りますが、どうぞご了承ください。

診療内容のご案内

糖尿病網膜症検診およびレーザー治療

糖尿病は、近年患者が増え続けており、国内では690万人、予備軍を含むと約1370万人と言われています。
毎年3000人以上の人が、糖尿病網膜症で視力を失い、成人の失明原因のトップとなっているのをご存じでしょうか。

網膜は目の奥にあり、これはカメラにあてはめるとフィルムにあたる大切なところです。網膜には細かい血管が全体に張りめぐらされていますが、血糖値が高い状態では血管に多くの負担がかかり、血糖コントロールを十分しないまま放置していると、数年が経つうちに血液の流れが悪くなってきて、網膜の栄養不足が起こってきます。

糖尿病網膜症の怖さは、目が痛い、かゆいなどといった自覚症状がないまま進むことです。知らない間に、じわりじわりと進行していき、ある日突然、眼内に多量の出血が起き、見えなくなって眼科を訪ねることになります。しかしその頃には、病気はもうどうしようもないところまで進んでいて、失明を余儀なくされることも覚悟しなくてはなりません。

目の合併症は、糖尿病と診断されたときから定期的な内科と眼科の検査を受け、適切な治療を続ければ、多くの場合防げます。当院では、定期的に視力や、眼底検査をし、必要であれば、蛍光眼底検査を行った上で、レーザー治療を行い、糖尿病網膜症の治療を行います。

- 診療時間のご案内 -

診療時間